食の安全を願う生産者のネットワーク「自然食ねっと」。皆様の明日の食を守ります。
2012年11月29日(木)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今日の京都、最高気温が午後1時の10.3度の寒い一日に
なりました。

早々と猛烈な寒気団が北海道や東北に入り込んで来ており、
冬型のお天気で北海道や東北の日本海側は広く雪が降り、
猛ふぶきとなったところもあるようです。

全国的にも今夜は冷え込みが強くなるとのことです。

この秋一番の冷え込みになるかもしれませんのでくれぐれも風邪
など引かないように暖かくなさって下さい。

さて今日は自然食ねっとさんご紹介のふるさと21さんの
小田原市の【石綿さんの有機JASレモンライム】を試させて
頂きましたのでそのご報告をさせて頂こうと思います。


ふるさと21さんは、数少ない無農薬で栽培をしてきた
農家さんの要望で始められたサイトふるさと21を運営されています。


 
    
 
    
今回は神奈川県小田原市の石綿さんの有機JASレモンライムを
試させて頂きました。

『【大人気の石渡さんのレモンライムが今年も出荷です】

日本で初めてキウイフルーツの無肥料栽培に成功した石綿さん
農産物栽培の職人が育てた、有機JASレモンライム!!

有機栽培なのでレモネードなどで皮ごと使っても安心です。

■商品説明

品名・・・・・レモンライム
内容・・・・・3kg(約30個)
出荷予定・・・・・10月初旬~

※現在の皮の色は緑色です。
収穫から時期が経つと黄色になっていきます。

■特徴
 
・レモンとライムの掛け合わせで 、レモンの酸味とライムの
爽やかさを持っています。

・果汁を絞ってその爽やかさを楽しむのももちろん、レモンよりも
酸味や苦味がマイルドで、皮には甘さもほのかに感じられます。

・人参ジュースに最適な一品

・和風醤油にピッタリです!!魚や揚げ物にどうぞ。

・常温で一ヶ月、冷蔵で3ヶ月は持つので保存も簡単!

■生産方法:有機JAS

■産地: 神奈川県小田原市

■生産者: 小田原有機農法研究会 石綿 敏久』

 
日本で始めてキウイの無肥料・無農薬栽培に成功した石綿さんの
貴重な一品のレモンライムを今回はご紹介下さいました。

石綿さんは、神奈川県小田原市で300年続く農家の15代目。

無農薬、無肥料栽培の有機農業に20年も取り組んでおられます。

「農薬も肥料も使わないなんて」と周りの農家から批判を受ける
こともありましたが、今では地域からも信頼を得て尊敬されて
います。 

現在の石綿さんの活動は 農作業の他に、数々の大きな講演会や
セミナーの講師に招かれたり、圃場視察や自然農法ツアーの
受け入れなどで毎日大忙しだそうです。 

【平成10年】 全国環境保全農業推進コンクール 激励賞受賞 
【平成11年】 東京都有 機農産物流通モデル事業指定生産者に認定 
【平成13年】 有機JAS法認定書取得

有機JAS認定の、無化学肥料栽培『レモンライム』は、レモンとライム
の掛け合わせで、レモンの酸味とライムの爽やかさを持っているとの
ことですが、私は今回初めてレモンライムを手に取ることが出来ました。

段ボールに入れて送って下さいました。

箱を開けると、黄色と緑色をしたレモンライムが入っていました。




沢山のレモンライムで箱を開けると柑橘類の香りが少ししています。
3キロ送って頂き、29個入っていました。

石綿さんレモンライム
 
レモンとライムの掛け合わせの柑橘類で、色は緑から黄色に変化して
行くのだそうです。

常温で1か月、冷蔵庫に入れれば3カ月保存できるそうです。

掌に1個乗せて写してみました。大きさが分って頂ける事かと思います。




お皿に乗せて写したレモンライムです。




レモンライムを切ってみました。




お味見してみましたが、レモンとライムの掛け合わせの品種で、まさに
両者の中間の味の柑橘類の爽やかなお味です。

レモンはお料理に添えたり紅茶や飲み物に浮かべたり日本人にとって
身近な柑橘類の一つでどなたも御存じのお味と香りだと思います。

ライムと言うとジントニック等に添えて使われる事が多いと思います。

このレモンライムは、まだ珍しい種類でお味を知っていられる方が
少ないのではと思いますが、レモンより鋭い爽やかなライムが合わ
さっていますので、両者の丁度間の味と香りのゴージャスな感じの
柑橘類です。

1個で両者の味と香りが楽しめて、爽やかな酸っぱさの果汁です。

絞るとレモンとライムの合わさったレモンライムの香りが部屋中に漂い
新鮮な取れたての柑橘類はやはりすごく良い香りがするものだと驚き
ました。

レモンとライムの良いところが詰まった柑橘類ですので、サイトの
方に書かれていたお勧めの食べ方のお醤油とレモンライムを合わせた
レモンライム醤油でお魚やお肉を頂いてみることにしました。

まず、麹に漬けた紅鮭を焼いてサラダと一緒にレモンライムとお醤油
で頂いてみました。




レモンとライムを合わせたレモンライムですので、お醤油に本当に
良く合ってくれ、和風の麹に漬けた紅鮭に爽やかな酸っぱさを与えて
とっても美味しく頂く事ができました。




レモン単品だと華やかさが不足すると思いますが、ライムの風味が
地中海の国々を思わせてとってもお洒落な感じで頂く事ができました。
石綿さんレモンライム
 
そして、この日はスモークサーモンとサラダをレモンライムとお醤油
で頂きました。




スモークサーモンとレモンとお醤油にライムを絞った感じで
これもとっても爽やかで美味しく頂く事が出来ました。
 
石綿さんレモンライム

そして、こちらは鶏の唐揚げと茹でたブロッコリーに大葉の細切り
を添えてレモンライムとお醤油で頂きました。




レモンライムはお肉やお魚ととっても相性が良くお醤油と合わせると
爽やかで本当に美味しいです。
 
石綿さんレモンライム
 
絞ると皮から本当に良い爽やかな香りが立ちますので、レモンにライムの
華やかさが加わった感じの香りで良い香りです。

そして、飲み物でもレモンライムを浮かべて試してみました。

こちらは、紅茶にレモンライムを浮かべて頂いた時の写真です。




とっても美味しい爽やかなレモンライムティーになりました。




次の写真はホットレモンライムを作って頂いた時の写真です。




お砂糖とレモンライムと熱いお湯ですが、これも爽やかなレモンライムの
甘酸っぱい爽やかな飲み方で体も温まりますので美味しい頂き方だと
思います。




そして、次はオレンジジュースにレモンライムを浮かべて頂いてみました。




そしてこちらは炭酸水にお砂糖を入れてレモンライムを浮かべて潰しながら
レモンライムネードにして頂いてみました。




私はお酒があまり飲めませんが、ジンや焼酎やワインなどにもレモンライム
はとっても良く合うと思います。

レモンだけでは味わえないレモンとライムの中間の爽やかな柑橘類の
レモンライム、まだ一般的に出回っている柑橘類ではありませんが、
お肉にもお魚にもお醤油と合わせるだけで本当に美味しく頂けますし、
色んな飲み物にもよく合います。

神奈川県小田原市の小田原有機農法研究会の石綿 敏久さんのレモンライム、
とっても爽やかなお味の柑橘類ですので、是非お取り寄せなさって
新鮮な酸っぱさの柑橘類を味わってみて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

一覧を見る